前へ
次へ

e-ラーニングで日本中から大学にいける

通信制大学の中には、e-ラーニングをメインとした授業を行っているところも増えてきました。働きながら大学卒業資格を取得する方法として知られており、年齢に関係なくリアルタイムで効率よく学習できる教材として人気が高まっています。授業を行う大学側でも、授業方式によって反応がスピーディーに返ってくることや、授業に対する質問などが瞬時に確認できるオンラインでの授業に対して好反応を示すところが少なくありません。生徒側でもリアルタイムでわからなかったところを復習できるところや、授業時間は仕事をしていたから受けられなかった分、帰宅してから授業を受けることが可能なところを好意的に受け止めることが多いといわれています。日本全国からリアルタイムでの授業をはじめ、録画での授業に対する課題提出がスピーディーに行えるところなどから、導入は今後も増える可能性が高いでしょう。なお、スクーリングなども遠距離や都合によって受けられない人向けに、e-ラーニングで実施するところも増えてきました。日本全国で大学教育を受けられる環境が整っただけではなく、今後更に中学・口腔などでも導入が増える可能性が高いでしょう。

Page Top