前へ
次へ

e-ラーニングと通信教育との親和性

学習塾という選択肢ではなく、e-ラーニングという選択肢を選ぶ親子が増えています。学習塾に通う時間を使って勉強できるメリットがあることや予習・復習が簡単にできること、映像授業を行うことによって、通信教育が紙媒体であった頃よりもはるかに頭に入りやすくなったことです。また、アニメーションを使って授業を行うところもあるため、学習意欲がそれほど高くなった学生も集中して授業を受けることが可能となりました。学習塾だと子供同士の成績や人間関係によってトラブルが発生しやすくなることもありますが、ネット環境を使った学習ではある程度それを防ぐことが可能です。トラブルに発生しやすくなる言葉を使わないようにすることや、トラブルを避ける為に掲示板に書き込まない・閲覧しないといった行動を取ることで子供が人間関係によって疲弊することを避けられるでしょう。授業だけに集中したい人や、通う交通費や食事を別に取ることによる経費を節約したい人にも、通信教育を選択する家庭が増えています。

Page Top